シャンプーでできる社会貢献

 

 

 

ヘアドネーションは、「髪を切る」というシンプルな行いでできるボランティアですが、一度髪を寄付すると、次に寄付できる長さになるまでは直接的な参加ができないというジレンマがありました。

また、そもそも髪を伸ばせない方や、事情があって切ることができない方にとっては、ボランティアをしたいという想いがあってもなかなか参加することができませんでした。

このヘアドネーションシャンプーは、そんなジレンマを解消する「髪を切らないボランティア」です。髪と頭皮を健康に育みながら、同時にJHD&Cへの募金をすることができます。シャンプーの収益金は全額「髪に悩みを持つ子どもたち」のウィッグとして生まれ変わり、「髪を洗う」という日常生活の延長で気軽に社会貢献に参加できる仕組みです。

これは、「新しいヘアドネーションの提案」です。

1年に及ぶ開発のストーリー・工場見学の様子をぜひご覧ください。

シャンプー開発レポート

JHD&Cと二人三脚で、ゼロからシャンプーを開発した研究者に聞く裏話。

開発担当者スペシャルインタビュー


投稿日:4:23 PM | カテゴリー: ヘアドネーション»日記 | コメントする

ブログトップに戻る